便秘を解消する方法|食べ物・飲み物・運動・ツボまであらゆる方法を伝授

便秘NAVI|便秘を解消する食べ物・飲み物・運動からあらゆる方法を提案

生活習慣

食事時間に気を付けると便秘解消できる?効果と口コミまとめ

更新日:

食事時間に気を付けると便秘解消できる?効果と口コミまとめ

皆さんは、何時ぐらいにご飯を食べていますか?

一般的には、の3食、だいたい同じ時間に食べることが多いですが、人によっては仕事で食事時間がまちまちになることもあります。

今回は、食事時間と便秘解消についてまとめてみました。

食事時間と便秘には関係があるのか?

食事時間と便秘には関係があるのか?

便秘でお悩みの方にアンケートを取ってみると、夕食が遅いとか、ご飯を食べている時間が長いという人も多いです。

食事時間と便秘は、あまり関係ないように思われがちですが、特に夕食が遅くなると便秘の原因になると言われています。

なぜなら、夕食を食べてから便が作られるまでにかなりの時間がかかるからです。

夕食が遅いと、そもそも消化が悪くなってしまいます。

胃腸も夜は休ませなくてはなりません。

できれば、寝る3時間前までには夕食を済ませた方が良いと言われているのです。

特に、夕食の時間が遅い上、食べてすぐに寝る人は便秘になる確率が高いでしょう。

便も朝までに作られない為、体のリズムが整わず、どんどん腸内に滞留便が溜まることもあります。

食事時間と便秘は、とても深い関係があるので、気を付けなければなりません。

仕事で食事時間が遅くなる場合どうすれば良い?

仕事で食事時間が遅くなる場合どうすれば良い?

お仕事をされている方の中には、仕事の関係でどうしても食事時間が遅くなるという人もいるのではないでしょうか?

そんな方は、次のような事を実践してください

分食する

夜遅い食事時間の方におすすめなのが分食です。

分食とは文字通り『食事を分ける』という考え方になります。

通常、朝・昼・晩の3食食べるのが一般的ですが、絶対、3食と決まっているわけではありません。

例えば4食にして、夕方寝る前という風に食事を分けます。

この時、今までと同じような食事を4食取ると太りますし、分食にはなりません。

夕方を普通の晩御飯の半分程度、寝る前に食べる際は、消化の良いものを少しだけ食べます。

これなら、お腹が空いて眠れないという事もありませんし、消化が良いものだと胃腸に寝ている間負担をかけません

消化の良い物を食べる

夜遅い食事なら、うどんなどの麺類(あっさりしたもの)や雑炊リゾット汁物お鍋などはおすすめです。

温かく消化に良い食事だと睡眠もしっかり取れますし、消化も良いので便秘解消に繋がります。

できれば、バナナリンゴなどの果物、温めたヨーグルトなども食べると更に良いでしょう。

脂っこい物は食べない

晩御飯は脂っこいものを食べがちですが、夜遅くガッツリ系の食事をすると便秘の原因になってしまいます。

肉類脂っこい物は遅い食事だと食べない方が良いでしょう。

できれば、昼食でガッツリ系の食事を食べ、遅い夕食では、さっぱり系の物や消化に良さそうな物野菜類をたべるようにしてください。

この点を注意すれば、便秘解消に1歩近づけます。

食事時間を決めるメリット

食事時間を決めるメリット

1日のルーティンがある程度決まっている人は、食事時間を決めて食べると胃腸の働きもそれに合わせてくれます。

例えば、朝の食事は7時昼食は12時夕食は7時という風に決めておき、用事がある時以外は、できるだけその時間帯に食べるようにしてください。

食事時間から3時間~4時間後が睡眠開始時間になりますので、逆算すると夕食を食べる時間が判ります。

このような規則正しい食事時間にすると、体がその時間帯にしっかりと反応してくれ、胃腸の働きが毎日一定の時間に活発になる事もあるのです。

食事時間をできるだけ決めると、便秘解消だけではなく、脳の活性化美肌ダイエット効果など様々なメリットが期待できます。

食事時間が長くなりすぎるのは避ける

食事時間が長くなりすぎるのは避ける

よく、お酒を飲まれる方で夕食が1時間~2時間と長くなる人がいますが、それだけ寝る時間に近づいてしまい、消化不良や便秘の原因になります。

長すぎる食事時間と飲酒は健康の為にも良くないので気を付けましょう。

家族とのコミュニケーションを考えれば、30分程度が一般的です。

夜遅くまでダラダラ食事をするのは、便秘だけではなく虫歯の原因にもなるので注意してください。

早く食べ過ぎると便秘になる

早く食べ過ぎると便秘になる

食事時間が長すぎるのも問題ですが、早く食べすぎるのも便秘の原因になります。なぜなら、しっかりと噛まずに食べるからです。

1口食べたら30回は噛んだ方が良いと言われますが、せっかちな方や多忙な方、家族と話しながらご飯を食べないような方は、食事時間が極端に短い場合もあります。

5分から15分くらいでご飯を食べる人は、ほとんど食事を噛まずに食べているので便秘のリスクが高いです。

しっかり食べ物を噛んで食べるよう気を付けるだけで、便秘解消に繋がります。

1日のどこにウエートを置くか考える

1日のどこにウエートを置くか考える

食事時間が決まっていない方、夜遅くご飯を食べる方は、1日のどこに食事のウエートを置くか考えた方が良いです。

例えば、朝から食欲があるような人は、朝、お腹いっぱい食べて昼は麺類夜は軽めの食事をすると便秘解消に繋がるケースもあります。なぜなら人は、朝から夕方までの間が活動期だからです。

夜は、ゆっくりするか、寝るか、なので、体をほとんど動かしません

そんな時に食べたい物をたくさん食べると、胃腸は眠りに就こうとしているのに動き続けなければならず疲れてしまい、しっかり消化できず便秘となります。

便秘の人は、できれば、朝か昼にウエートを置いて食事をしてください。

食事時間と便秘解消の口コミ

食事時間と便秘解消の口コミ

寝る前の食事は消化の良いものが良い(30代女性)

仕事の関係で夜勤があり、食事時間が不規則で便秘です。

夜、寝る前の食事をうどんなど消化の良いものに変えました

そしたら、以前に比べて便秘になることも少なくなり、朝からお腹や胃の調子が悪くなることもなくなりました。

これからも、夜遅い食事の際は、消化の良いものを食べるようにします。

夜の食事に果物を加えました(20代女性)

肌荒れと便秘がひどくなり、22時過ぎの食事が原因だと知人に言われました。

仕事で遅くなる為、しょうがないのですが、遅い食事の際は、量を減らして果物を食べるようにしました。

特にバナナリンゴを夜に食べるようになってから、便秘も改善し肌がキレイになったと実感しています。果物を食べる分、食事量も減ってダイエットにも成功しました。

食事時間の調整が難しい方は

まとめ

色々なお仕事をされている方がいるので、決まった時間にご飯が食べられないとか、遅くしか夕飯が取れないという方もいます。
そのような方の多くが便秘でお悩みです。

しかし、次の点を意識することで便秘解消することもできます。

ポイント

  • 消化の良いものを食べる
  • 食べる時間に気を付ける
  • 夕食以外をしっかり食べる

ちょっとした工夫で無理なくできることばかりなので試してみてください。

-生活習慣

Copyright© 便秘NAVI|便秘を解消する食べ物・飲み物・運動からあらゆる方法を提案 , 2019 All Rights Reserved.