便秘を解消する方法|食べ物・飲み物・運動・ツボまであらゆる方法を伝授

便秘NAVI|便秘を解消する食べ物・飲み物・運動からあらゆる方法を提案

生活習慣

アルコールとたばこが好きな人が便秘解消する方法はあるのか?

更新日:

アルコールとたばこが好きな人が便秘解消する方法はあるのか?

便秘でお悩みの方の中にはアルコールとたばこが好きな方もいらっしゃいますが、そんな方が便秘解消するにはどうすれば良いのでしょうか?

こちらでは、アルコールとたばこが便秘にどう影響するか?便秘解消する方法についてご紹介します。

アルコールとたばこで便秘になるのか?

アルコールとたばこで便秘になるのか?

アルコールとたばこは体に悪いとよく言われますが、色々な情報を調べても、アルコールとたばこをやっているから便秘になるという情報は少ないです。
逆にアルコールの場合だと、大量に飲む人はずっと下痢だという人もいるのです。

ただし、アルコールとたばこによって自律神経が乱れたり血流が悪くなったりして、結果的に便秘となってしまうケースはあります。

どちらにしてもアルコールとたばこは体に決して良いものではありません

アルコールとたばこ+脂っこい食事深夜までの飲み会で便秘になってしまう人もいます。
直接的な原因では無くても、便秘でお困りの方はアルコールとたばこに気を付ける必要があるでしょう。

アルコールとたばこで起こる便秘以外の症状

アルコールとたばこで起こる便秘以外の症状

アルコールを飲みすぎると次のような症状等が起こります

  • 顔が赤くなる
  • 下痢
  • 腹痛
  • 頭痛
  • 吐き気と嘔吐
  • 急激な眠気
  • 意識不明
  • 急性アルコール中毒
  • アルコール依存症

特に大量のアルコールを無理やり飲むと急性アルコール中毒で死に至ってしまうケースもあるのです。

アルコールは飲み方に注意しないと肝臓腎臓が悪くなるだけではなく、アルコール依存症になれば日常生活が送れなくなるようなケースもあります。

たばこを吸い続けると次のような症状等が起こります

  • 咳や淡
  • 息切れ
  • 血圧上昇
  • 手足のしびれ
  • 便秘
  • 睡眠障害
  • 運動機能の低下
  • 気管支喘息
  • 肺気腫

たばこはアルコールのように飲みすぎるとすぐに死に至ることはありませんが、呼吸器系の病気になる他、がんのリスクも高くなります。

喫煙者とそうでない人ではがんになる確率がかなり違うのです。

アルコールとたばこでガンのリスクが2倍になる

アルコールとたばこでガンのリスクが2倍になる

今や日本人の2人に1人はガンになると言われる時代ですが、特にアルコールとたばこの両方を好む方は、そうでない方の2倍ガンになる確率が高いです。

つまり、アルコールとたばこを続ける限り、便秘で困ることより更に大変なガンというリスクを負ってしまいます。大腸がんのリスクもアルコールとたばこでかなり高まるでしょう。

健康な腸でないと便秘がずっと続くことになり大腸がんの原因になりかねません。

できればアルコールとたばこを止める

できることならアルコールとたばこのどちらも止めるのがベストです。無理ならどちらか一つでも止めるようにしましょう。

アルコールとたばこで比較すると、アルコールを止めるくらいなら禁煙するという人が圧倒的に多いです。

アルコール依存症など病気の場合は別ですが、つい飲みすぎる程度なら、まずはたばこから止めましょう。
なぜなら、便秘解消にはどちらかというとたばこを止めた方が効果的だからです。

たばこを吸うと血流が悪くなり、内臓の働きが低下します。これが便秘になる原因の一つになることも考えられるでしょう。

すぐにでも便秘解消したいなら、まずはたばこを止め、できればアルコールも控えるようにしてください。

アルコールとたばこを止められないなら量を減らす

便秘解消はしたいけど、アルコールとたばこはどうしても止められないという人もいるのではないでしょうか?

そういう方は、まず、止めなくても良いので量を減らしてください

人は年齢を重ねると、肝臓機能や内臓の働きも加齢により衰えます。
若いころと同じようなお酒の飲み方をしていると、歳を取ってから様々な病気にかかるリスクが増えます

そうならない為にもアルコールとたばこの量を減らすことが、体調を改善し便秘解消にもなるのです。

水をたくさん飲む

水をたくさん飲む

アルコールとたばこを続けている人で便秘の方には水分が足りないという人も多いです。

自分の1日を振り返って、1.5L~2Lくらい水分を取っていないなら、取るように心がけましょう。
この、水分の中でコーヒーやアルコールはカウントしません。

コーヒーやアルコールは利尿作用が高く、水分に含まない方が良いです。
できれば、水や白湯などで1.5L~2Lくらい水分を取ると便秘解消に効果的と言えます。

禁煙すると便秘になる?逆効果なのか?

禁煙すると便秘になる?逆効果なのか?

たばこを吸う人の中には、禁煙にチャレンジしたことがあるという人も多いですが、禁煙すると必ず便秘になるという人もいます。

これは、たばこに含まれるニコチン胃腸を刺激していたのに、禁煙することでニコチンが摂取できなくなる為、刺激が無く排便がスムーズに行かなくなる為です。

禁煙する時は、普段よりも便秘解消に心がけましょう
食物繊維の豊富な野菜をたくさん食べるとか、ヨーグルトと牛乳を飲むとか、運動すると便秘解消になります。

たばこにより、腸内の善玉菌が極限まで減って便秘になっている可能性もあるので、乳酸菌で善玉菌を増やしましょう

たばこを止めるためにはどうすれば良い?

便秘解消の為にたばこを止めたいという人は次のような事を試してみましょう。

禁煙商品を利用する

近年、たばこの値上がりや健康志向の高まりで禁煙したいという人が増えています。そんな方におすすめなのが禁煙商品です。

禁煙商品とはスーパーやドラックストアなどですぐに購入できる商品で、様々なタイプのものがあります

いろいろあります禁煙グッズ

  • 腕などに張るニコチンパッチ
  • あめ玉
  • ガム
  • サプリメント

など。

禁煙商品で実際に禁煙に成功したという人も多いので試してみましょう。

禁煙外来で治療する

本気でたばこを止めたいなら禁煙外来がおすすめです。

禁煙外来とは、病院の禁煙専門の外来になります。ニコチン依存症の治療で、薬剤などを使い本格的に行うので効果抜群です。

自分の為にも家族の為にも禁煙外来で治療する人が増えています

アルコールとたばこが好きな人が便秘解消する方法 まとめ

アルコールとたばこまとめ

アルコールとたばこは、直接的に便秘と関係ないという人もいますが、巡り巡って便秘になるということもあります。

どちらも体に悪影響を及ぼす可能性が高いので、やらない方が一番ですが、すでにアルコールとたばこをやっている方は、その他の便秘解消方法を人よりたくさん行った方が良いでしょう。

ただし、たばこを吸うと運動能力が低下するので以前のように体を動かすとすぐに疲れてしまうという事もありますし、アルコールを飲むと脂っこいものや肉類を食べたくなります。

このようなものが便秘を助長しているということを自覚しておきましょう。

-生活習慣

Copyright© 便秘NAVI|便秘を解消する食べ物・飲み物・運動からあらゆる方法を提案 , 2019 All Rights Reserved.